2019

My mind is always fascinated, as the everyday scenery in front of me is changing from time to time. This world exists beyond any words and mingles with the time.
I want to capture the movement of the scene at the bottom of my pupils, and draw them in my heart again and again.

夜が明ける頃、目のまえの風景が、時とともにうつりゆく様子に心が奪われる。いくつもの時が重なり、光と闇が混ざりあうような、言葉にならない世界。その動きを目の奥にとどめて、何度も心に描きなおしたいと思う。
  月と太陽の、はざまにある時間。月は闇へ消え去り、やがて太陽が昇り、世界は反転してゆく。ふだん見慣れたものが、あるとき姿を変える。そのとらえがたい出来事に強くひかれる。自然の移ろいだけでなく、日常に潜んでいる異質な次元。まるで版と版の間にある、見えないけれど確かに存在する時間のように。

 

 

 

 

330 Beneath The Quiet 03 56/76cm (56/76cm image) lithography

 

 

 

329 Beneath The Quiet 01 63/91cm (63/91cm image) lithography

 

 

 

 

329 Beneath The Quiet 02 "rumbling of the sea"
63/91cm (63/91cm image) lithography

 

 

 

 

326 land in revolt 2018 01 21/23cm (21/23cm image) lithography